ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年07月03日

ハーブの酢漬け

ハーブの漬け込み保存でも紹介しました酢漬け
その作り方と利用法のいくつかを説明します。

入れるハーブとスパイスは、食用だったら何でもいいです。
ビネガー(酢)にハーブの香りが移って、
長期間常温で保存できます。
 
意外な組み合わせも、試してみると
おいしい発見だったりもします。

使用法は サラダのドレッシングに利用するのが一般的です。

焼き上がった魚や肉に少量振りかけてもあっさりとして
おいしいですよ。

         〜 作り方 〜
 ○リンゴ酢or米酢などの醸造酢 約100ml

 ○好みのハーブ   4〜5枝

 ○スパイス類   合わせて小さじ一杯程度(軽く砕いておく)

ガラス瓶にハーブとスパイス類を入れ、米酢などの醸造酢を
瓶の口まで注ぐ。
1〜2週間ほどして、ハーブとスパイスの香りが
十分ビネガーに移ったらいつでも使える。
1ヶ月ほど熟成させると、よりマイルドに。

《ハーブ&スパイスの組み合わせ例》
・タイム、セージ、ブラックペッパー
・ディル(花もあったら最高)、ホワイトペッパー、
 オールスパイス
・ベイ(ローレル)、クミン、コリアンダー
・オレガノ(またはマジョラム)、ニンニク、トウガラシ

ローズマリーの酢漬けは、ソーダ水で割るとOK。
ローズマリーが酢の強いにおいを和らげて、
飲みやすいヘルシードリンクに。

ローズマリーだけを使用したローズマリービネガーは、
ヘアケアにも利用できます。

シャンプーの後、約1/2カップのローズマリービネガー
洗面器一杯のぬるま湯で薄め、リンスとして
髪の毛にかけてよくなじませます。

2、3分おいてから、シャワーですすぎます。

地肌のpHを健康に保ってくれるそうですよ。
100%自然素材ですからピュアで気持ちがいいですね。

ラベンダーの酢漬けは、布に少し含ませ窓をふくとよいです。
きれいになる上に、部屋にラベンダーの香りが広がります。

それからこれは酢漬けではないですが、
日本酒にカモミールを漬けると
素敵な化粧水になりますよ。




posted by ハーブファン at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。