ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年06月26日

ハーブの漬け込み保存

ハーブの保存法色々

ハーブを保存するには、乾燥のほかに、漬け込むという
方法があります。
実際、この漬け込むと言う方法は一番簡単で
利用しやすい保存法です。

酢やしょうゆ、はちみつなど、漬け込む素材によって
味も変わります。
ベースにもハーブの香りや風味がとけ込んでおいしくなります。

味も良くておすすめの
漬け込み保存について、いくつかの例を紹介します。

<わさびのビネガー漬>

● わさび  ・・・使い残しを適当に
● 醸造酢  ・・・米酢、リンゴ酢など、好みの酢を
          わさびが十分に浸るぐらいの量
○作り方
  瓶はきれいに洗って熱湯で消毒しておきます。
  乾いたビンにわさびを入れ、
  醸造酢を注ぐだけ。わさびは刻んで入れてもOK。

○風味
  酢に、わさびの香りと辛みが移って、
  うまみの酢に変身。

<青シソのニンニクしょうゆ漬け>

○作り方
   青じその柔らかい葉を収穫してにんにく醤油に
   漬け込みます。

   わが家ではニンニク梅醤油に青紫蘇を漬けこんでいます。
   少し漬けておくだけでOK。ごはんに巻いたり
   チャーハンの中へ入れたりします。
   ご飯がすすむ一品になりますよ。

   スライスしたニンニクとお醤油を容器に入れ、
   そこに大葉を漬け込んでもいいですよ。

<ホースラディシュのしょうゆ漬け>
 ホースラディッシュとは西洋わさびの事です。
 ウィキペディアには 
 日本では明治時代に食用として導入された。現在は
 北海道を中心に野生化している。さらに
 北海道では、すりおろしたものに醤油をかけて
 薬味として使用したり、すりおろしたものを
 醤油漬けにしてご飯のおかずにする
 と記述されています。

● しょうゆは、材料の5倍程度の量

  材料ははじめに洗って水分をふき取っておく。
  きれいに洗って熱湯で消毒した瓶に材料を入れ、
  しょうゆを注ぐ 。ホースラディッシュは皮をむかずに、
  汚れた部分だけを取り除き、目の粗いおろし金でおろす。
  瓶に材料を入れて、しょうゆを注ぐ。

ホースラディッシュは、肉・魚料理のソースや薬味として
使用したり、マヨネーズやしょうゆに混ぜてもおいしいです。
ホースラディッシュは、ホワイトソースやチーズにも
ぴったりです。

<生姜とレモンの蜂蜜漬け>
生姜とレモン、はちみつは相性抜群!風邪の季節には重宝です。

しょうがの使いかけは、はちみつ漬けが便利ですよ!

● しょうがとレモン・・・・ 適当量
● はちみつ ・・・材料の2倍程度の量の中へ
          漬け込みます。

おいしくて体が暖まり、喉にもいいフレーバーハニーなんて
いかがですか!



posted by ハーブファン at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

アロマで芳香浴

アロマ芳香浴を楽しみましょう。
空気中に精油を拡散させる方法です。

芳香浴を楽しむ方法
位置情報1つ目の方法、
 アロマポットを使って長時間楽しみます。
 上部の皿にお湯と精油を3〜4滴入れ、ろうそくの熱を
 利用します。

 精油は水蒸気とともに空気中に拡散します。
 皿のお湯が蒸発してなくなってしまわないように
 注意して下さい。。
 1日15滴以下の範囲での使用量を目安に、
 香りがなくなったら精油を再度加えます。

 また、火を使わない、安全な電気式のものや、
 電球の熱で香りを立たせるアロマリングなどがあります。

 色んなデザインのアロマポットを、インテリアの一部として
 選ぶのも楽しいです。

 
位置情報2つ目の方法
 ルームスプレーでシュッと一吹きして 香りを漂わせる方法も
 あります。 ルームスプレーは、作るのも簡単です。

 スプレー容器を使って、無水エタノール10mlに
 精油を10滴入れ、精製水を20ml加えよく振ります。
 防虫スプレーを 作るときと同じ要領です。

位置情報3つ目の方法
 蒸気吸入は手軽で効果的に有効成分を得ることが
 できる方法です。蒸気吸入は熱湯を洗面器等に入れ、
 精油を3〜4滴たらして蒸気と一緒に精油を吸入します。
 
 効果を上げるためにタオルを頭からかぶって吸入します。

 この蒸気吸入は、花粉症や風邪に伴う鼻水、鼻づまり、
 喉の障害の緩和にも試してみたいです。
 精油は・フランキンセンス・ユーカリ・ラベンダー等が、
 効果的です。

位置情報4つ目の方法
 いつでもどこでも香りを手軽に楽しめます。
 ティッシュやハンカチに精油をたらして、
 直接香りをかぐ方法です。旅行先、仕事中、学校など
 場所も時間も選ばずすべてOKです。



posted by ハーブファン at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。