ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年06月01日

ハーブでインフルエンザ予防

今回、世界的に大流行した風邪・新型インフルエンザ、
日本でも神戸や大阪など都市圏で感染された方が出ています。
皆さんは大丈夫でしたか。

風邪・インフルエンザなどの感染症の予防や、
日頃の健康維持、免疫力アップに
ハーブとアロマオイルを使用する方法があるんですよ。

 1、タイム、セージ、ユーカリ、クローブでうがいや吸入をする。
 2、ペパーミント、エキナセア、ネトル、エルダー、
   ヤロウのハーブティーを飲む。
 3、ジンジャー、シナモン、コリアンダーシード、
   グローブ+蜂蜜(出来ればマヌカハニー)のハーブティを飲む。
        (・体調によって、注意の必要なハーブもあります)
 4、オレンジスィートやグレープフルーツ、ティーツリーで
   ルームスプレーを作って散布したりマスクにつける
          
   ○ ハーブティの入れ方 ○ 
 ポットに、ハーブティー用のドライハーブ
 (1人分で小さじ1杯)か、フレッシュハーブ(少し多めに)
 を入れます。熱湯を注いで、ドライは1〜2分、
 フレッシュは3分程度蒸らします。
 きれいな色がでたらOK。煮出したりする必要はありません。
       
 それからこれは感染症の予防ではないのですが、
個人的にお気に入りの
手荒れ防止法&リラックス法をご紹介します。

手浴=ハンドバスにハーブを使って
手指をしっとりつるつるにします。

しっとりさせたいときはローズマリーを、
肌のひきしめ効果が欲しい時には、柑橘系の
ハーブなどを煮出します。

煮出したハーブを洗面器に入れてお湯を足します。
手首までお湯につけ、
10分ほどグーとパーをくり返して下さい。
かさつく指先もうるおって、しっとりしますよ。

一度お試しを...!





posted by ハーブファン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ハーブティー

いまやストレス社会と言われています。


リフレッシュリラックス効果
実感することができるハーブティー
多くの女性から人気を集めています。


また、ハーブティーを飲むことで
デトックス効果実感することができます


なぜ、ハーブティーにリラックスや
リフレッシュ効果があるのかというと、
ハーブには「香り」があります。


この香りをかぐことによって、
人間の大脳や聴覚、視覚、味覚、嗅覚、触覚などの五感を刺激し、
リラックスすることができるのです。


さらに、ハーブには食物繊維やビタミンなどの
様々な栄養素も含まれています。


このほかにもハーブティーを飲むことで、
老化を防止する効果や
治癒力を高めてくれる働きなども持ち合わせています。


それぞれのハーブによって効能も様々ですから、
その日の体調や気分にあわせてハーブを選ぶことが
出来ると言う点も人気の秘訣といえるでしょう。


ただ、ハーブの中には刺激の強いものもありますから、
乳幼児や妊娠中、高血圧の方は
注意書きをしっかりチェックしてから
ハーブティーを飲むようにするといいでしょう。


無農薬のハーブティーはハーブティーストアーで購入することができます。

posted by ハーブファン at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。