ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年07月04日

ハーブのオイル漬け

オイル(植物油)にハーブと、そのハーブ
相性のいいスパイス類を漬け込んで、
風味(フレーバー)を移したものを、
フレーバーオイルといいます。

オイル漬けはヴィネガー漬けと違い、ハーブをこす必要は
ありません。3週間ほど漬け込んだら、使用できます。
料理に少しだけハーブの風味をプラスしたいときに
便利です。

いろいろな組み合わせを試してみてください。

魚や肉、野菜のソテーに使ったり、
パスタの仕上げに振りかける。
サラダのドレッシングに加えたり、塩味にしてバゲットなどの
パンに付けてもおいしいですよ!

いくつかのオススメのハーブオイルの作り方です。
オリーブオイル300ccで作ってみます。

 バジルオイルの場合
   バシルはみじん切りにし、大さじ3杯分用意します。
   オリーブ・オイル300ccとよく混ぜ合わせます。
   ビンに移します。

 ローズマリー・オイルの場合
   ニンニク1片を半分に切り、ローズマリー2本と
   一緒にオリーブ・オイル300ccに漬け込みます。
   フタをしっかり閉め、3週間ほど寝かせて完成。

 スパイシー・オイルの場合
   ニンニク1片を半分に切り、生のチリ3本、
   ブラックペッパー4粒、ジュニパーベリー4粒、
   レモンタイム4本、ローズマリー1本を漬けます。
   フタをしっかり閉め、3週間ほど寝かせて完成です。

注意する点があります。びんの中のオイルが減り、
材料が空気に触れるとカビが生じます。

オイルは酸化していくので、一種類につき50ccぐらいの量で
作ってみるのもいいかもです。
2、3回の料理で使い切るようにします。

小さめのガラスの容器にハーブやスパイスを入れ、
オイルを注ぎ入れる。スパイス類は軽く砕いて加える。
オイルに風味が付くまで、1〜2週間ほどおく。
ときどき瓶を振って風味をなじませる。

個人的に好みの
≪ハーブとスパイスの組み合わせ例≫です。
・セージ+タイム+ブラックペッパー
・ローズマリー+ブラックペッパー+クミンシード
・ディル+オールスパイス
・オレガノ(または、マジョラム)+ニンニク+トウガラシ
・皮付きレモンスライス+フェンネルシード
・レモンバーム(またはレモングラス)+トウガラシ+ニンニク




posted by ハーブファン at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。