ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年06月24日

オイルマッサージ

オイルマッサージ

何種類かの精油と植物油を混ぜ合わせて簡単に
マッサージオイルを作ります。
精油を皮膚から吸収することと、香りによるリラックス作用の
両方が期待出来ます。

マッサージオイルを作る場合、精油を薄めるのに
必要となるのがキャリアオイルです。
キャリアオイルというのは、マッサージオイルの
ベースとなる植物油です。

アロマオイルの有効成分をマッサージのときに、
肌の奥にまで届ける役目をしてくれます。

またキャリアオイル自体も、有効な成分を含んでおり、
精油とともに様々な働きをしてくれます。

精油はキャリアオイルにおおよそ1%の濃度に
薄めて使います。1%の濃度にするには、
キャリアオイル20mlに対して 精油4滴が目安です。
敏感肌の方は半分の2滴で、
幼児や赤ちゃんは30mlのキャリアオイルで1滴が目安です。

遮光ガラス瓶にキャリアオイルと精油を入れ
良く振って混ぜ合わせるだけでOK。

作ったマッサージオイルは、日付と使った精油
及びオイル名を記して、冷暗所に保存します。
だいたい2〜3週間くらいで使い切ります。

※精油が入った容器は、一滴ずつ滴下するように
なっています。一滴は約0.05mlです。
ですから、30mlのキャリアオイルに対して1%の
マッサージオイルを作るには、
20ml×0.01%=0.2mlの精油が必要になります。
ですから、0.2ml÷0.05ml=4滴という
計算です。

お肌のトラブルが心配な方は、
事前にパッチテストをしてください。

作ったマッサージオイルを一滴、ひじの内側などの
敏感な部分につけ、24時間おきます。
赤くなったり、かゆくなるようだったら、
使用は控えます。

でこのオイルマッサージ誰かにやってもらえたら
本当に気持ちいいんですけどね〜...。






posted by ハーブファン at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンシャルオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。