ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年06月19日

ハーブとエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイル(精油)とは、ハーブなどの
植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルのことです。

植物の葉や花、果皮、樹皮、樹脂などから抽出され、
その植物によって違った香りや成分、効果を持っています。

エッセンシャルオイルを抽出するためには、
多くの植物が必要です。
例えば、ローズのエッセンシャルオイル(精油)を
1滴抽出するためには、およそ50個のバラの花が必要です。

また、エッセンシャルオイル(精油)は、
純度100%のものを言います。

「100% Pure & Natural」、「Pure Essential Oil」などと
表示がしてあれば純度100%のものに間違い無いでしょう。

エッセンシャルオイル(精油)は、
アロマテラピーに使うオイル
という意味で、「アロマオイル」と
呼ばれていることもあります。

そしてこの精油を、芳香浴 アロマバス 湿布、
マッサージ等に利用し、その効果を楽しみながら
得る事が出来ます。

毎日の暮らしに香りの贅沢を取り入れてみませんか。






posted by ハーブファン at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセンシャルオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。