ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年06月16日

ハーブ染め

ハーブ染め

ハーブ染めとは、天然素材の植物を使った染物のことです。

自然の色の優しさ、美しさを楽しむ他に、
着ることでハーブの薬効を
皮膚から吸収するが出来ます。

ハーブ染めは古くから人々に愛され、
あのクレオパトラまでがハーブで染めた衣装を
身に着けていたと言われます。

日本でも、藍染め、紅花染めをはじめ、
古代日本の染料のほとんどは、植物の葉や根を使った
草木染めです。

藍染めに使われる藍には、虫よけ効果があります。
藍で濃く染めた布や紙は虫を寄せつけないと言われ、
ヘビなども近寄りません。

そのため、野良の作業着には藍染めが用いられました。
藍染めのきものをタンスに入れておくと、
防虫剤効果も得られます。

ハーブ染めを試してみる時は、
色素がある植物なら、染色の材料になります。
ただし毒性の強いものや
皮膚に刺激があるもは避けます。

花後に剪定したハーブや虫食いがひどいハーブでも
また、ハーブティで飲むには、古くなってしまった
ドライでも利用できます。

ハーブ染めの場合、絹と毛、がよく染まります。

家庭では台所で染める場合が多いので、媒染剤は
ミョウバン、鉄、食酢などが安全で手軽に使えます。

最初のうちはコットンのコースター、ランチョンマットとか
レースのチーフなどを...。
少し慣れてきたらTシャツなど大きな物に挑戦して見るのも
面白いですね!






posted by ハーブファン at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。