ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年05月17日

ハーブとは

ハーブと言う言葉をよく耳にするようになりました。


ハーブとは、ラテン語で「」を意味する言葉ですが、
ヨーロッパではスパイスとして使われる薬草などを意味しす。


ハーブは、料理の香り付けや臭み取りのほかに
ハーブが持つ渋みや辛味など風味を楽しむために使用されます。


また、ハーブには香りを持つ種類もあるため、
「香草」ともよばれています。


そのため、レストランなどで出された食事に
ハーブを使用していることが多いのです。


以前は、ハーブは料理に添えられているもの
というイメージがありましたが、
今ではハーブティーやアロマテラピーに
使用する精油としても利用されています。


ハーブは薬として使用される場合もありますが、
ハーブの種類によっては毒となり、
使い方や量などを間違えると大変な状態に陥ることもありますので、
使用する際は注意が必要といえます。


ハーブをいつも使用する人は増えてきました。


そのため、今では雑誌やインターネットでハーブの育て方について、
いろいろと紹介されています。


ハーブを育てる方法はとても簡単ですので、
挑戦してみるといいでしょう。
ラベル:ハーブ 植物
posted by ハーブファン at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。