ハーブが持つ特徴や種類などを知り、ハーブを生活に生かしましょう。

2009年07月19日

ハーブを楽しむ暮らし

香りづけに ハーブを利用して、衣類やリネンに
香りを添えてみましょう。

ハーブの匂い袋を使用します。
袋には香りのよい花弁や葉(お好みのハーブ)を
組み合わせて入れたり、ポプリ用のハーブを
使用してもいいです。

ラベンダーの匂い袋には、ラベンダーの精油を2〜3滴加えて、
ラベンダーの花の香りを更に高めます。
戸棚や衣装ダンス、クローゼットの中に入れると
香りが中に広がっておしゃれにリフレッシュできます。

芳香の利用は古代エジプトの時代まで遡ります。

人々は香りのある草を床の敷き草として用いて芳香を楽しみ、
またそれらは同時に病気を予防するための
空気清浄剤としての役割も果たしていたのです。

当時は病気や邪気が空気とともに家に侵入してくると
信じられていたので、家の鍵穴(かぎあな)にまで
ハーブを詰める人もいました。

現代の私たちの生活でも、本棚に入れたハーブは
かび臭さを消し、食糧棚の中に入れることで防腐、
防臭効果により食品の鮮度を保つことが期待できます。

古代の人たちも現代に生きる私達も、ハーブ、その芳しく
清らかな香りには共通の魅力を感じるようです。





posted by ハーブファン at 23:03| Comment(53) | TrackBack(0) | ハーブ 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。